未だに

僕は大学を卒業して、少しだけ不動産の営業マンだったことがあります。その時の新入社員研修で言われたことで未だに心に残っていることがあります。

 

新入社員の前で講師の方が「家を売るためにはどうすればいいと思いますか?」と投げかけました。僕らが答えないでいると、こんなことを言いました「今あなた方の前に洗面器に入った水があるのをイメージしてください。その水が欲しくて洗面器を自分の方に勢いよく引くと、水は自分とは反対方向に行きますよね。逆に洗面器を押し出してあげると自分の方に水は来る。つまり、、、欲しければほしいほど与えてあげるのが先ですよ」と言っていました。不動産の営業に置き換えると、家を売りたければ、まずお客様にとって何か良いことを提供してあげなさいということなのだと思います。

例えが分かりやすかったのもあって、僕はしみじみ成程なと思いました。

今現在、まったく職種は違いますが、“欲しければ欲しいほど与えてあげるのが先”というのはすべての職種に、ひいては人生に通じるところがあると思います。

このことが少しでもできるようになったら、僕は人間的に成長できるのではないかなと思います。

 

今日は良い文章が書けた(笑) :mrgreen: 

 

おわり