ボールを一番遠くに投げられる角度の話

皆さんは「ボールを一番遠くに投げられる角度」を知っていますか? 答えは45度なのですが、もし90度で投げたら、ボールは同じ位置に戻ってくるだけだし、逆に角度が低すぎるとすぐに落っこちてしまいます。実はこの法則は、目標達成のための努力においても、ものすごく重要なのです。ボールを遠くに飛ばそうと真上に投げる人はいないのに、努力に関してはなぜか角度が高すぎたり逆に低すぎたりする人が多いそうです。

日常的に勉強する習慣のない人が、いきなり「数学の勉強を1日10時間」というのは無謀すぎるし、逆に「一日5分」では低すぎてお話にならないですよね。適切な角度設定のヒントは、当面の目標を毎回「限界をほんの少し突破」できるレベルにすることだそうです。

 

…うーん 今書いたことは、 僕のお気に入りの本に書いてあったことなのですが限界をほんの少し突破できるレベルというのも、僕のように自分にあまい人間には、難しそうだ(^_^;)

 

なぜこんなことを書いたかといいますと、朝早起きして自分の為になる勉強を始めようかと思っているのです。

で、何時に起きようか迷っている(^_^;) 6時...いや5時か。 6時なら何とかなりそう。5時は...無理か。

 

6時で頑張りたいと僕は思う。